読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○一は全・全は一●

マーケット分析、投資手法の紹介記事がメインです。投資に関する意見や質問はお気軽にコメントください。ブログ紹介:http://skoumei.hatenablog.com/entry/2016/04/30/173822

復讐って悪いこと?

"やられたら、やり返す。倍返しだ!"
半沢直樹の名台詞です。

ドラマを見ててスカッとしても、現実にはそんなのは難しいと言うのが世の大半の意見だと思います。僕は小さい頃から倍返しどころでは無くやり返していたと思います。よく周りの大人から怒られました。一般的に復讐は復讐しか生まない、悪いことだと教えられます。
しかし本当にそうでしょうか?
友人から持ち込まれる相談でも、ネット上で目にする人の悩みも、嫌な事をされてるのに相手に強く当たれなくて悩んでる人が多いと感じます。

戦略を体系的に教えるゲーム理論の中に参考となる面白い設定のゲームがあります。

2人でじゃんけんをしてあいこなら、お互いに5千円貰えるとします。どちらかが勝てば、勝った方が1万円貰えて、負けたほうが0円となります。
お互いに相談して、あいこを出し続けるのもありです。

このゲームにおいてどういう戦略を用いるのが1番得でしょうか。

1回だけゲームを行うなら、"相手を騙して勝つ"事が最善の戦略でしょう。しかしゲームを100回行うとしたら(相手と長期的な関係を持つとしたら)、戦略は変やってきます。

過去に100人を集めて、実験をした人がいます。
結果はどうだったのでしょうか。

最も高い金額を獲得できたのは、お互いに裏切らず最初から最後まであいこを出し続けたペアです。お互いに50万円を獲得できてハッピーですね。

では裏切りがあったペアはどうだったか。戦略としてはいろいろ考えられます。
・自分からガンガン裏切る。
・自分からは裏切らない。
    しかし相手が裏切ったが最後、2度と許さない
・相手が裏切っても復讐せず、宣言した手を出し続ける。

この実験の結果では、裏切り行為がある中で最も高い金額を得られる戦略は、おうむ返しの戦略でした。具体的には相手と話をして協力関係を築いた上で、裏切られた次の回だけは自分も裏切るという戦略です。

つまり"やられたらやり返す"戦略なのです。
あくまでも簡単なゲーム上での結論ですが、現実も似たようなものではないでしょうか。

やられっぱなしで、いいことなどありません。
寛大になるほど、相手はつけ上がります。
現実を生きるには怒りの表現も、復讐も必要なんです。

害人之心不可有 防人之心不可无


やられたら、やり返す。倍返しだ!