読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○一は全・全は一●

マーケット分析、投資手法の紹介記事がメインです。投資に関する意見や質問はお気軽にコメントください。ブログ紹介:http://skoumei.hatenablog.com/entry/2016/04/30/173822

徐々にロングポジションへ転換・・・だがまだ逸るな!!

本日の日経平均株価は前日比+2.84%の16,381円、TOPIXは前日比+2.55%の1,332ポイントで引けました。

 

大幅の上昇ですね。ドル/円レートが円安方向に振れた事、中国の輸出額増加のファンダメンタル発表があった事など幾つかの要因が重なった結果かと思います。

本日は海外のマーケットを見ても、米国、欧州、アジア、オセアニアと世界同時株高であったことも印象的な動きです。

 

ただ、1つ改めて注意しておきたいのは、中期の未だマーケットのトレンドは変わっていない事です。

f:id:s_Koumei:20160413234742p:plain

 

本日の急反発でトレンドラインに急接近していますが、トレンドラインを上抜かない限りは、まだトレンドが転換したとはいえません。

この記事を書いている現時点で、NYダウは前日比+0.65、S&P500は前日比+0.64、日経先物は16,545円まで上がっています。この動きが続けば明日にはマーケットがトレンドラインにチャレンジするのではないかと予想しています。

こういうマーケットが下落から上昇に転換するかしないかというタイミングでは、現時点で強い動きをしている個別銘柄をチェックしておくと後々とても役に立ちます。

 

現時点で出来高が急増している銘柄、ストップ高となっている銘柄、52週間高値を更新している銘柄などです。

もし今後マーケットがアップトレンドになるとしたら、それは現在強い動きをしている銘柄牽引しています。そういった銘柄はマーケット全体がトレンドを転換した後も、しばらく強い動きを続けている事が多いですので、ロングポジションの中心に据えていいと言えるでしょう。

 

そしてそれらの銘柄の動きが弱くなってきた時、それはマーケットがまたダウントレンドに転換するかもしれない時です。

例えばブランジスタ、アカツキ、インベスターズクラウド、ジェネレーションパスなどの動きはチェックしておくべきです。