読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○一は全・全は一●

マーケット分析、投資手法の紹介記事がメインです。投資に関する意見や質問はお気軽にコメントください。ブログ紹介:http://skoumei.hatenablog.com/entry/2016/04/30/173822

3.毎日見ておくべき3つの株

Contents

  1. 売買代金ランキング上位株
  2. 52週間高値更新株
  3. ストップ高
  4. まとめ

 

マーケットは日々変化しています.自分が作った監視リストに乗っている銘柄の動きを日々チェックすることは当然必要ですが,それだけではマーケットの最新の動きを把握できない場合がほとんどです.

リストに乗っている銘柄に加えてこれから紹介する,毎日見ておくべき銘柄をチェックすることで,有望株の見落としを減らしましょう.

 

1.売買代金ランキング上位株

相場には「出来高は株価に先行する」という格言があります.株価がしばらく1つの方向にトレンドを築く場合,大抵はその初動に出来高の急増が伴います.今まで誰も注目していなかったような銘柄が突如注目を集め,買い需要が増え始めます.その動きがさらに注目を集める材料となり,加速的に買い需要を作り出す.急騰する銘柄の多くは,その初動でこの一連の流れに沿って動きます.

 

投資家からの注目度を最もノイズなく反映しているのが売買代金ランキングです.似たようなランキングで売買高ランキングというものがありますが,これは単位株が異なったり,株価分割などが起きたりと,注目度とは関係がないところに左右される部分も大きいです.そのため,売買高よりも金額が上位に入っている銘柄に注目しましょう.

 

また,売買代金急増ランキングというものもあります.先ほど,株価の急騰の前に出来高が急増すると書いていますので,こちらのランキングの方が適切じゃないかと思われる方もいるかと思います.

しかし,このランキングは日頃の売買代金が少ない銘柄の方がランキングの上位に来やすいです.日々1億の売買代金がある銘柄が1.1億に増えるよりも,日々の売買代金が100万しかない銘柄が200万に増えた方が増加率としては大きくなってしまいます.従って,このランキングもノイズが多いと言えます.

 

僕自身いろいろ試してみた結果,やはり売買代金ランキングを注視することが一番効率的でした.

 

毎日のルーティンの中ではなるべく全市場ランキングと市場別のランキングを見るようにしましょう.全市場ランキングだけではほぼ東証一部の変わらない顔ぶれが占めることになってしまいますので,有望株を見逃してしまうリスクが大きいです.

毎日見ていると,突如現れる銘柄を発見することがあります.その際には必ず何かしらの理由がありますので,ネットでその銘柄について調べてみましょう.最近は投資ブログもツイッターも情報収集に役立つツールとなりました.

例えば業績の上方修正や,決算発表が市場の予想を大幅に上回ったなど,しっかりとした理由がある銘柄が突如売買代金ランキングに姿を表し,しかも株価も上昇しているようならその後も一定期間上昇を続ける可能性が高いです.そんな時には勇気を出して飛び乗って見ましょう.

 

2.52週間高値更新株

52週間高値は言い換えれば過去1年間の高値を更新した銘柄になります.それは株価の動きをたどってみると以下のようになると思います.

  1. 過去1年間のうちある期間上昇を続けて,どこかで天井をつける
  2. その後,下落に転じてしばらく底値圏で推移する
  3. 再び上昇に転じて52週間高値を上抜く

過去の高値付近では通常,強い売り需要があります.その売り需要をこなしてさらに株価を上昇させられるというのはかなりのパワーが必要です.52週間高値を上抜けた銘柄の中にはそういう強い上昇のパワーを秘めた銘柄が潜んでいます.

特に,高値更新とともに出来高も急激に増加しているようならば検討して見る価値はぐっと高まります.

 

ただ,難点があるとしたらこのリストはかなり多くなることがあります.もし時間的に難しいようならば52週間高値ではなく上場来高値を更新した銘柄だけでもぜひチェックしてみてください.

 

3.ストップ高

ストップ高になったということは間違いなく強い買い需要があったということです.問題はその買い需要が継続するものかどうかということです.ストップ高になってからでは遅いと感じる方もいるようですが,そんなことはありません.

ストップ高となった銘柄を日々見ていると,その中のいくつかは何日か連続してストップ高になることを発見できます.このような銘柄を上昇の初期に捉えることができればわずか数日で40〜50%,場合によっては100%〜200%も上昇することがあります.

こんな可能性を秘めている株をチェックしない手はありません.

 

ストップ高株の一覧についても,どんなニュースがあったのかネットで調べて見て,もし上昇が持続すると思えるようなものならばチャレンジしてみましょう.

ただし,ストップ高銘柄は外れた時の下落のスピードも極めて早いです.買ってすぐに利が乗らないようならばすぐに手を引くことを徹底しましょう.

 

4.まとめ

売買代金上位株,52週間高値更新株,ストップ高株はどれもその後,大きく上昇する可能性を秘めた銘柄群です.裏を返せば動きも激しく,1日の遅れで投資結果が全く異なるということも多々発生します.

これらの銘柄群は毎日チェックすることが大切です.投資には近道はありません.しかし強いて上達するコツを挙げるならば,このような日々の地道な努力が成長への一番の近道だと思います.

 

日々の努力を怠らずに,共に成長しましょう.

 

 

 

前の記事:株のリストはこう作る

次の記事:EntryとExitの具体的な手法